クリスタルトマト®ビヨンドサンプロテクション

クリスタルトマト®ビヨンドサンプロテクション

極めて完璧な日焼け止めクリーム

夢のような肌を手に入れるためには、肌を守ることも重要だと私たちは考えています。だからこそ、5年に及ぶ試行錯誤と臨床試験を経て、独自のカテゴリーを形成するほどの完成度の高い皮膚保護クリームを自信を持ってお届けします。

CrystalTomato

太陽光からあなたを守る、それがビヨンドサンプロテクション

ビヨンドサンプロテクションは、化学的(オーガニック)かつ物理的(ミネラル)な日焼け止めであり、太陽光やブルーライト、汚染物質などに絶え間なくさらされる現代のライフスタイルがもたらすダメージに対抗するために開発された特別なクリームです。

ビヨンドサンプロテクションは、その名のとおり、通常の日焼け止めクリームを超えた効果を発揮する、お肌を守るための新基準です。

CrystalTomato

UVAとUVBから防御

ビヨンドサンプロテクションの生体内テストでは、UVB紫外線に対するSPF(サンプロテクションファクター)は79.7、PA++++ は最高レベルのUVAプロテクションに相当します。

PPD(持続型即時黒化防止効果)レーティングは17+で、UVA対策としては最高ランクの一つです。PPD10はUVAの90%をカットし、PPD17+はUVAをしっかりと防ぐことができます。

ブルーライトの危険性からもお肌をプロテクト

HEV(高エネルギー可視光線)とも呼ばれるブルーライトは、太陽光やデジタル機器、LEDや蛍光灯、テレビ・スマートフォン・コンピューターの画面など、あらゆるところで発生しています。

最近の研究では、ブルーライトはUVAやUVBに比べて肌の奥深くまで浸透し、肌へ大きなダメージを与えることが確認されています。

ブルーライトは、肌のフリーラジカルの生成を促し、シワやゆるみ、たるみの原因となります。また、肌の老化を早めるだけでなく、肝斑を悪化させ、過剰色素沈着、赤み、炎症を引き起こすキッカケとなります。

ビヨンドサンプロテクションは、臨床試験の結果、ブルーライトに対して50%以上の保護効果があることが証明されています。生体内での研究では、2時間以上極端にブルーライトにさらされても、肌は保護されていることが示されています。


ビヨンドサンプロテクションは、臨床試験の結果、ブルーライトを50%以上防ぐことが証明されています


汚染からも守り、明るくつややかな、くすみのない若々しい肌を

別の臨床試験では、ビヨンドサンプロテクションは、色素沈着の主な理由であるスモッグやヘイズなどの環境大気汚染から被験者を保護することが実証されました。

また、ビヨンドサンプロテクションは、乾燥肌にも安全で効果的な万能薬です。別の研究では、27日後に被験者の肌の水分量が32%増加し、小じわが大幅に改善されました。また、美白成分が肌の色を大幅に明るくし、ムラのない輝きのある肌を実現します。

CrystalTomato

軽くてべたつかず、塗り心地に優れたクリーム

このすぐれた日焼け止めクリームのもう一つの画期的な点は、簡単に塗れて、塗り心地もとても良いということ。顔、首、肩用の日焼け止めで、肌の上をすべるように軽く、ドライタッチなテクスチャーを持つものは他にありません。

ビヨンドサンプロテクションは、低刺激性でノンコメドジェニック。毛穴を詰まらせることなく、ニキビを悪化させず、赤みを帯びやすい敏感肌にも優しい製品です。

皮膚科医が推奨し、医学的にも証明され、5年間の厳しいテストを経て作られたビヨンドサンプロテクションは、これまでに作られた日焼け止めの中で、もっともパーフェクトなお肌の保護クリームとして、他の追随を許しません。

スキンケアの最後のステップとして、ファンデーションやメイクの前にビヨンドサンプロテクションを塗ります。 チューブからビヨンドサンプロテクションを約1.5~2cm絞り出してください。 このくらいの量で、顔と首を十分に覆うことができます。効果的な保護を得るためには、顔と首を完全に覆うように十分な量のクリームを塗ることをお勧めします。

日焼け止めは、太陽からの紫外線(UV)、青色光(HEV)、赤外線(IR)による肌へのダメージを防ぐための製品です。
日焼け止めは、有害な青色光や紫外線、赤外線を吸収または反射します。これにより、日焼け、早期老化、色素沈着、皮膚がんのリスクから肌を守ります。
紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。 UVA(紫外線A波)はお肌の最も深い層である真皮の奥深くまで浸透します。 UVB(紫外線B波)はお肌の表層部に害を及ぼします。
UVAは、色素沈着、早期老化、光老化や皮膚のシワ、肝斑などの皮膚の損傷を引き起こします。 また、免疫力を低下させる原因にもなります。 UVBは、日焼けや皮膚がんのリスクの原因となります。
ブルーライトは、高エネルギー可視光(HEV)とも呼ばれ、380~500ナノメートルの短い波長で高いエネルギーを発生。色素沈着、炎症、光老化(肌のしわやたるみ)などの肌ダメージを引き起こし、酸化ストレスを誘発してお肌の表面を弱めることが科学的に証明されています。

また、ブルーライトは、UVAやUVBに比べて皮膚の奥深くまで浸透、さらにUVAよりも皮膚の色素沈着を誘発し、肝斑の主な原因になるという研究結果もあります。

ビヨンドサンプロテクションは、ブルーライトからの保護スコア評価が54.1%と非常に高いことが臨床的に証明されています(試験管内および生体内で)。
SPFとは、Sun Protection Factorの略で、日焼けの原因となる紫外線(UVB)から肌を守る効果を表しています。

例えば、何も保護しないで炎天下に10分いると日焼けする人の場合、SPF50の日焼け止めは素肌に比べて50倍の保護効果があるということになります。つまり、500分間してから日焼けし始めます。

ビヨンドサンプロテクションのスコア評価は、SPF79.7です。
PPD(Persistent Pigment Darkening)とは、UVAプロテクションを生体内で測定する方法です。UVAからの保護力を評価するのに非常に有効な方法で、日本やヨーロッパでは義務化されています。

Beyond Sun Protectionは、PPD17.2というスコア評価を示しました。 PPD10とはUVA光線を90%ブロックすることを意味し、非常に高い数値です。
PA(Protection Grade of UVA)とは、UVAからの保護性能を示す指標の一つです。現在UVA保護における最高ランクは、PA++++ 15以上です。

ビヨンドサンプロテクションはPPD17+以上のUVA保護を提供します。
ノンコメドジェニック、ノンアクネジェニックとは、毛穴を詰まらせず、ニキビを発生させず、既存のニキビを悪化させないことを意味します。
環境汚染物質は、フリーラジカルや酸化ストレスを誘発し、早期老化、ハイパー色素沈着、皮膚の炎症など、肌にダメージを与えることが科学的に証明されています。また、肝斑を悪化させます。
フリーラジカルは、紫外線が肌に触れることで発生し、抗酸化物質はフリーラジカルによってできたダメージに対応し、お肌を守ります。は、皮膚の炎症や損傷を引き起こし、早期老化やシワの原因、さらには深刻な皮膚のダメージにつながります。

抗酸化物質は、フリーラジカルによるダメージに効果的に対処することが臨床的に証明されており、フリーラジカルと安全に相互作用し中和することで、顔色を保護し、みずみずしく輝く肌を保ちます。
日焼け止めには、UVAとUVBに対して様々な程度の保護効果があります。しかし、日焼けの原因はUVAとUVBだけではありません。最近の科学的根拠によると、ブルーライト(HEV)もシミ・くすみなどの色素沈着、肝斑、早期皮膚老化の主な原因であることが明らかになっています。また、環境汚染も肌に大きな影響を与えることがわかっています。

優れた日焼け止めは、これらのUVA/B、HEV、環境汚染から十分かつ効果的にお肌を保護することができなければなりません。したがって、SPF、PPD、HEVの保護スコア評価が正しい日焼け止めを選ぶための最初の手がかりとなります。

次に、記載されている製品のスコア評価が臨床的に証明されていることを確認してください。また、日焼け止めには、抗汚染作用と抗酸化作用があり、ノンコメドジェニックであることが求められます。言うまでもなく、日焼け止めのテクスチャーも重要な要素となります。
物理的な日焼け止め(ミネラル日焼け止めとしても知られています)は、肌にバリアを作り、紫外線を遮断し肌に浸透するのを防ぎます。化学的な日焼け止めは、皮膚に浸透し、紫外線を吸収し熱に変え、皮膚から熱を放出します。

ビヨンドサンプロテクションは、物理的な日焼け止めと化学的な日焼け止め両方の長所を持ち、両方の方法で完全な保護を可能にします。
ビヨンドサンプロテクションは、顔用の日焼け止めで卓越した製品です。5年の歳月をかけて開発され、各国で数多くの調査研究、試験、配合テストが行われました。最終製品は、ブルーライト(HEV)に対して54.1%、UVAに対してPPD17.2、UVBに対してSPF79.7と、十分すぎるほどの保護力を保証しています。

ビヨンドサンプロテクションのプロテクションスコア評価は、すべて臨床的に導き出され、証明されています。また、有害な太陽光線から肌を守るだけでなく、汚染からの保護、抗酸化、赤外線からの保護、保湿、美白、ノンコメドジェニックなどの機能も備えています。これらは、いずれも主要機関の厳しい研究所でのテストや臨床試験報告によって完全に裏付けられています。

日焼けによる肌へのダメージを完全に防ぐ非常に高い保護機能を備えているにもかかわらず、このクリームはとても軽いつけ心地で、べたつかず、ドライなタッチを実現しています。これは、長年の絶え間ないテストの結果によるものです。
ビヨンドサンプロテクションに対しては以下の試験が行われています。試験管内および生体内でSPF 79.7、ブルーライト(HEV)54.1%、PPD17.2(PA++++)、汚染からの保護、赤外線防止、抗酸化、ノンコメドジェニック、ノンアクネジェニック、低刺激性、美白などの特性がテストされています。また、保湿力のテストも行われ、27日間の使用で32%の水分増加という結果が得られました。すべての主張は、科学的な証拠によって完全に裏付けられています。
ビヨンドサンプロテクションは、太陽光線の有害な影響から肌を完全に保護するだけでなく、環境汚染から肌を守ることも臨床的に証明されています。また、フリーラジカルと戦う抗酸化物質が含まれており、肌の保湿と美白をサポートします。
ビヨンドサンプロテクションは、認定医療美容クリニック、病院の薬局、医療機関が運営するオンラインショップなどで購入できます。
スキンケアの最後のステップとして、ファンデーションやメイクの前に塗ってください。
チューブからビヨンドサンプロテクションを約1.5~2cm絞り出してください。 これで顔と首を十分に覆うことができます。効果的な保護を得るためには、顔と首を完全に覆うように十分な量のクリームを塗ることをお勧めします。
泳いだり、汗をかいたり、顔を拭いたりした後は、必ず塗り直してください。炎天下では、2~3時間ごとに塗り直すことをお勧めします。
日焼け止めは、スキンケア製品の後、ファンデーションやメイクの前に塗ってください。日焼け止めを他のスキンケア製品や化粧品と混ぜて使用しないでください。
一般的に、6ヶ月以上の子供や乳児には日焼け止めを塗っても安全だと考えられています。生後6ヶ月未満の乳児には、日焼け止め製品を使用しないでください。
重度の湿疹や皮膚疾患がある場合は、ビヨンドサンプロテクションを使用する前に医師にご相談ください。また、日焼け止めに含まれる成分に敏感な場合も使用しないでください。
多量の水で洗い流せば心配ありません。
メイク落としを使用してください。その後、泡立てた洗顔料で洗ってください。
多少のしみになることがありますが、洗剤で洗えば簡単に落とせます。他の日焼け止めと同様に、一晩放置せず、すぐに洗濯してください。
ビヨンドサンプロテクションの使用期限は、製造日から3年間です。使用期限は、箱に記載されているほか、チューブ上部の圧着部分にも記載されています。

水、キサンタンガム、デシルグルコシド、プ ロピレングリコール、ポリメタクリル酸メチ ル樹脂、ブチルメトキシジベンゾイルメタ ン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ホモ サレート、サリチル酸ブチルオクチル、安息 香酸アルキル(C12-15)、オクトクリレン、 メチルトリメチコン ジメチコン、二酸化チタン、エクトイン、グリ セリン、トウガラシ果実エキス、ポリソルベ ート 60、ブチレングリコール、ポリアクリレ ート-13、ポリイソブテン、ポリソルベート 20、クロヨナ種子エキス、ジヘプタン酸ネ オペンチルグリコール ポリアクリレートクロスポリマー-6、アラキ ジルアルコール、ベへニルアルコール、ア ラキルグルコシド、ステアリルアルコール、 フェノキシエタノール、ビサボロール、カエ サルピニアスピノサガム、クロルフェネシ ン、ステアロイルグルタミン酸、ジソジウム EDTA、クエン酸