クリスタルトマト®スキンクラリティクリーム

クリスタルトマト®スキンクラリティクリーム

肝斑を科学的にコントロールする画期的な製品

スキンクラリティクリームは、肝斑や頑固なシミ、くすみなどの色素沈着の問題を解決するための新たなスタンダードとなる製品です。

この抗色素沈着クリームは、色素沈着によって引き起こされる肌のシミ、色素沈着斑、お肌の問題などを治療するために特別に配合されています。

肝斑に効果的なだけでなく、過剰な色素沈着や加齢によるシミ、濃いニキビ跡を薄くする効果もあり、より明るく色ムラのない肌にするには最適な製品です。

CrystalTomato

より多くの有効成分でより効果的に

このクリームは、色素沈着を引き起こし、お肌の輝きを失う4つの主な原因(UVA・UVB、フリーラジカル、炎症、メラニン生成)をターゲットにしています。

一般的なシミ、くすみなどの色素沈着を防止するクリームには多くても3種類の有効成分しか含まれていませんが、スキンクラリティクリームに含まれる17種類もの有効成分は、互いに作用しメラニンの生成を阻止し、既存の色素沈着を薄くします。

有効成分のひとつであるチロシナーゼ阻害複合体は、メラニンを形成する重要な酵素を強力に阻害します。

強力な抗酸化作用のあるビタミンA、B3、C、Eとルメックスオクシデンタリスエキスが、顔のシミを薄くします。

臨床試験済み。皮膚科医により推奨。すべての人に愛される製品

スキンクラリティクリームは、皮膚科医や美容外科医から安全で効果が高いと推奨されており、この分野で人気の高い刺激の強い美白剤を使用せずに、すべての肌タイプに優しく作用します。

シンガポールのナショナル・スキン・センターで行われた二重盲検プラセボ臨床試験では、中度から重度の肝斑に対するクリスタルトマト美白サプリメントとスキンクラリティクリームの効果が検証されました。

治験参加者は、それまでに、昔から肝斑治療のスタンダードとされてきた、ハイドロキノン4%、ステロイド、レチンAを組み合わせた「トリプル外用療法」を受けていましたが、目立った効果は得られませんでした。

スキンクラリティクリームと1日1回のクリスタルトマト美白サプリメントを併用して56日間使用した結果、76.5%の被験者の肝斑が25%改善しました。

84日後、被験者の肝斑は50%薄くなりました。この驚くべき結果は、後に査読を受け、米国の「Journal of Pigmentary Disorders」に掲載されました。

CrystalTomato

結論:医学的に証明された、シミのない肌を手に入れる方法

1日2回、洗顔後にスキンクラリティクリームを塗るだけ。色素沈着が気になる部分を中心に、肌に浸透するまでやさしくマッサージするようになじませます。日中はビヨンドサンプロテクションのような効果の幅広い日焼け止めを塗って、お手入れを完了させてください。

スキンクラリティクリームは、刺激の強い美白成分を含まず、すべての肌タイプの方に安全で優しくご使用いただけます。

  • 色素沈着に働きかけるよう特別に配合
  • メラニン生成のさまざまな側面に対応
  • 紫外線によるメラニン細胞への刺激を防ぐUVA・UVBフィルターを配合
  • 強力なチロシナーゼ阻害剤を配合
  • 酸化防止
  • 抗炎症作用
  • 肌の角質を穏やかに除去
  • 刺激性、有害性、毒性のある成分を含まない
  • 肌を乾燥させたり、刺激したりしない
  • 毎日の使用に適した、便利で安全で優しい製品

CrystalTomato

1日2回、洗顔後にスキンクラリティクリームをお肌に塗り込みます。シミなど、色素沈着した部分を中心に、クリームが完全に吸収されるまでやさしくマッサージします。日中はビヨンドサンプロテクションのような広範囲でさまざまなものからカバーする日焼け止めを塗って、完了です。

スキンクラリティクリームは、色素沈着の問題を改善するために特別に配合されたスキンケア製品です。
スキンクラリティクリームは、皮膚細胞内の異なるメラニン生成経路を特異的に阻害する17種類の有効成分を配合しています。これらの成分のひとつであるチロシナーゼ阻害複合体は、メラニンを形成する重要な酵素を強力に阻害します。

スキンクラリティクリームには、強力な抗酸化作用のあるビタミンA、B3、C、Eとルメックスオクシデンタリスエキスも含まれています。

これらの成分が、顔のシミを薄くし、新たなメラニンの生成を抑制します。
ほとんどのシミ・くすみなどの解消目的用の抗色素沈着製品には、色素沈着を抑える有効成分が2、3種類しか含まれておらず、最近の研究では、このアプローチは効果的ではないことがわかっています。

スキンクラリティクリームは、色素沈着の4つの主な原因であるUVA・UVB、フリーラジカル、炎症、メラニン生成を抑えるように配合されています。

17種類の有効成分を配合し、メラニンの生成だけでなく、炎症、酸化ストレス、紫外線など、肌の色素沈着を悪化させるさまざまな要因に働きかけます。
いいえ、全く含まれていません。ハイドロキノン、ステロイド、レチンAなどは一切使用していませんし、今後使用することもありません。多くのシミ・くすみなどの解消用製品で使用されている刺激の強い美白剤は使用していません。そのため安全で侵襲性のない外用クリームであることも、他の製品と比較して大きな利点です。
2014年にシンガポールのナショナル・スキン・センターで、クリスタルトマト美白サプリメントとスキンクラリティクリームを組み合わせた二重盲検のプラセボ対照臨床試験が行われました。

この試験では、肝斑治療のゴールドスタンダードである「ハイドロキノン4%」「ステロイド」「レチンA」の3つの外用療法を受けたものの、期待したほどの改善が得られなかった肝斑患者の中から選ばれた44名が参加しました。

被験者には、わずか56日後に25%の改善が確認されました。この結果は、時間の経過とともにさらに顕著になり、84日後には50%以上の改善が見られました。

この結果は、査読付きの「Journal of Pigmentary Disorders」(米国)に掲載されました。
スキンクラリティクリームの使用を中止すると、肌は元の状態に戻ります。これには、クリームの保護機能がなくなり、肌への攻撃要因に対して脆弱になるためです。

肌は生きている器官です。ホルモンの問題、ストレス、環境汚染、薬などの一般的な肌の攻撃要因は、メラニン生成の引き金となり、肝斑やその他シミ・くすみなど色素沈着の問題につながります。

また、化粧品の効果は一時的なものであることも忘れてはいけません。永久的な作用を持つ製品は、安全ではない可能性が高いです。
いいえ。スキンクラリティクリームには、抗酸化作用、抗炎症作用、太陽の光に対するサンフィルター作用があり、日焼け時に肌を保護する働きがあります。
使用されている製品にある程度の日焼け止め効果がある場合でも、日焼け止めの使用は必須です。

日焼け止めは、スキンケアの最後のステップとしてご使用ください。日焼け止めの主な役割は、日焼けによるダメージから肌を守るためのバリアとして機能するので、日焼け止めを塗った後に、マッサージしたり、こすったりすることは避けてください。
スキンクラリティクリームには、マイルドな角質除去剤が含まれています。ごくまれに、使い始めの頃に軽く皮むけが起こることがあります。
  • 肝斑やほとんどの肌のシミ・くすみなどの色素沈着を解消します。
  • 肌の色を均一にします。
  • 新しい色素沈着の形成を抑制します。
  • 肌を若返らせるマイルドな角質除去剤を配合しています。
  • 抗酸化剤、UVA・UVBフィルター、抗炎症剤、保湿剤を配合しており、肌を保護します。
  • 肌に輝きを与えます。
  • 肌を乾燥させず、刺激を与えません。
  • 安全で肌に優しいため、毎日の使用に適しています。
スキンクラリティクリームは、より美しい肌を求める方であれば、どなたでもご利用いただけます。重度の肌の色素沈着や肝斑に効果があることは証明されていますが、美容目的で使用することに全く問題はありません。
はい。スキンクラリティクリームは、ニキビに悩む方の濃いニキビ跡を薄くし、肌ムラの改善に役立ちます。
スキンクラリティクリームは、レーザーやIPL治療で生じた色素沈着の軽減に役立ちます。
スキンクラリティクリームは、スペインのGMPおよびCE認証を取得した研究所で製造されています。
クリームの色は、配合されている天然成分によるものです。製造ロットによっては、若干の色の違いが起こり得ます。クリームの色=効果を示すものではありません。
酸が配合されている製品は、時間の経過とともに色が濃くなります。これは自然な変化です。色の変化が効果に影響を与えることはありません。
トリートメントクリームとしてのスキンクラリティクリームは、吸収率を高めるために、常にスキンケアの最初の製品として、清潔な素肌に塗ります。

お肌が特に乾燥している場合は、スキンクラリティクリームを塗る前に、軽いモイスチャライザーを塗ってください。

肝斑がひどい場合は、スキンクラリティクリームを顔全体に薄く伸ばします。その後、斑点部分に直接クリームを再度塗り込んでください。クリームの成分がしっかり吸収されるようにやさしくマッサージします。

小さなシミなどには、気になる部分だけにクリームを塗ります。
スキンクラリティクリームは、ほとんどのスキンケア製品との併用が可能です。酸や漂白剤を含むホワイトニング製品との併用は避けましょう。
スキンクラリティクリームは、マイルドで安全、お肌を傷つけません。通常、1日2回、朝の洗顔後と就寝前に使用します。また、1年を通して繰り返し使用することができます。
レーザー治療の直後に化粧品を使用することはお勧めできません。特に、レーザー治療によって擦り傷や裂傷ができた場合には絶対に使用しないでください。
朝はマイルドな泡の洗顔フォームをお勧めします。クリームの上にメイクアップや日焼け止めをしている場合を除き、洗顔前にメイクアップリムーバーを使用する必要はありません。
肝斑患者を対象とした臨床試験では、56日後に最大25%、84日後に最大50%以上の改善が見られました。臨床試験の結果は、皮膚科医によるVisia Skin Analysisとメグザメーター(Mexameter)の両方を用いて測定されました。

詳細については、「スキンクラリティクリームは肝斑に効果がありますか?医学的根拠はありますか?」の回答をご覧ください。
超敏感肌の方は、最初の使用後に軽いかゆみやチクチク感を感じることがあり、時には赤みが出ることもあります。これらの症状は一時的なものですが、症状が続く場合やアレルギー反応が出た場合は、使用を中止してください。
乾燥した気候の国にお住まいの方は、もし乾燥肌・敏感肌である場合、スキンクラリティクリームをご使用になる前に良質のモイスチャライザーをお使いになると、使い始めに起こるかゆみやヒリヒリした感覚がなくなります。
スキンクラリティクリームとクリスタルトマト美白サプリメントは、それぞれ単独で使用しても良い結果が得られます。

2014年に行われた臨床試験の結果、スキンクラリティクリームとクリスタルトマト美白サプリメントを併用することで、色素沈着を抑え、明るく均一な肌色を最適に実現できることがわかりました。

クリスタルトマト美白サプリメントを飲むことで、さらに全身の美白効果を得ることができます。
クリスタルトマト美白サプリメントには、クリスタルトマトから摂れる特別なカロテノイドパウダーは含まれていません。このパウダーは、経口サプリメントでのみ効果があり、肌に塗り込むことでは吸収されないため、外用しても全く効果がありません。
  • 高温多湿の場所を避け、室温で保管してください。
  • 18~23℃での保管が理想的です。
  • 直射日光を避けて保管してください。

水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、セテアレス-25、ジココイルエチレンジアミンPEG-15硫酸Na、ラウロイルラクチレートNa、ベヘニルアルコール、クエン酸ステアリン酸グリセリル、アラビアガム、キサンタンガム、メトキシケイ皮酸エチルヘキシル、ジメチルイソソルバイド、ステアレス-21、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、コウジ酸ジパルミタート、コウジ酸、 t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、カンゾウ根エキス、ステアレス-2、ニコチンアミド、α-アルブチン、クロミグワ根皮エキス、ルメックスオクシデンタリスエキス、アミノメチルホスホン酸、シクロペンタシロキサン、ステアリン酸、アスコルビルリン酸Na、パルミチン酸アスコルビル、リンゴ酸ジアルキル、ジ(カプリル/カプリン酸)BG、トコフェロール、酢酸ビタミンE、パルミチン酸レチノール、フィチン酸、ビサボロール、サリチル酸、クエン酸、レチノール、ピロ亜硫酸ナトリウム、アラントイン、香料、ホスファチジルコリン、BHA、BHT

*スキンクラリティクリームは一切の刺激性化合物、有毒性化合物を含んでおりません。