FAQ

FAQ

よくある質問

クリスタルトマト®美白サプリメント

クリスタルトマト美白サプリメントは、美白のために特別に栽培された100%天然の遺伝子組み換えではないトマトから作られた自然食品サプリメントです。トマトの品種は「クリスタルトマト」と呼ばれ、他では入手できません。また、防腐剤を一切使用していません。
クリスタルトマト美白サプリメントの主な有効成分は、クリスタルトマトのカロテノイドです。カロテノイドは、植物や藻類、光合成細菌などが合成する天然の色素からなる物質の一種です。カロテノイドは、主に抗酸化物質として機能します。
カロテノイドは通常、ニンジンのオレンジ色であるベータカロテンやトマトの鮮やかな赤色であるリコピンのように色がついています。

クリスタルトマトのカロテノイドは無色で、可視光線を吸収しません。吸収するのは低波長の紫外線や高波長の赤外線だけです。

新鮮なクリスタルトマトには、希少な無色透明のカロテノイドが、普通のトマトの500倍も含まれています。クリスタルトマト美白サプリメント1個分の無色カロテノイドを生成するには、ふつうのトマトが170個必要です。
トマトには有色のカロテノイドが含まれているため、普通のトマトを食べても美白効果や紫外線から肌を守る効果はありません。

さらに、有色のカロテノイドを大量に摂取すると、肌の色に影響を与えます。ベータカロチンを2週間に渡って大量に摂取すると、最終的に肌がオレンジ色っぽくなります。
1日1~2錠の摂取をお勧めします。 皮膚は大きなからだの器官であるため、頭から爪先まで、クリスタルトマトの効果を全身に行き渡らせるためには、だいたい2~3ヶ月必要です。その頃には、目で見てわかる肌の明るさになると考えられています。

1日1錠の摂取で、わずか3週間で肌の明るさやシミが薄くなるなどの効果を実感されたという方もいらっしゃいます。多くの方は、2~3週間後にくすみが取れ、肌の輝きを実感されています。

臨床試験では、56日後に76.5%の被験者が修正肝斑面積重症度指数(mMASI)スコアで25%以上の顕著な改善を示しています(肝斑に関する研究、ナショナル・スキン・センター、シンガポール、2013年10月~2014年5月)。
トマトアレルギーをお持ちでない限り、副作用はありません。クリスタルトマト美白サプリメントは、天然のクリスタルトマトと体内に存在するアミノ酸であるL-システイン、米国FDA承認の食品添加物からなる自然食品です。
クリスタルトマト美白サプリメントは、トマトを食べるのと同じくらい安全です。
自然食品ですので、トマトにアレルギーのある方や、医師から何らかの理由でトマトの摂取を控えるように言われた方を除き、どなたでも安心して摂取していただけます。
クリスタルトマト美白サプリメントは自然食品ですので、いつまでも摂取していただけます。
サプリメントの摂取をやめれば、肌はいずれ元の状態に戻ります。悪化することはありませんが、サプリメントの効果は失われます。
はい、ベジタリアンやビーガンの方にもお使いいただけます。
クリスタルトマト美白サプリメントは、天然のクリスタルトマトをフリーズドライして粉末にしたものです。酸は水溶性なので、フリーズドライにする過程で、水を抜く際に、酸も抜けます。化学物質は一切加えていません。
L-システインはサプリメントの効能を高める成分です。このアミノ酸は、抗酸化物質であるグルタチオンの肝臓での生産量を増加させます。グルタチオンは、黒褐色のメラニンをピンク色のメラニンに変える働きがあります。すべてのグルタチオンが体内に吸収されるわけではなく、L-システインに変換されたグルタチオンのみが吸収されます。
コントロールされた臨床試験では、クリスタルトマトカロテノイドを12週間摂取した後、65%の被験者で肌本来の紫外線防御力・SPFが20%増加しました。
クリームやローションなどの外用的な日焼け止めの使用を継続する必要があります。クリスタルトマト美白サプリメントは、太陽光から、ある程度の保護効果がありますが、直射日光から肌を完全に保護するには不十分です。
新鮮なトマトを食べるように、クリスタルトマト美白サプリメントは、昼でも夜でも、食前でも食後でも、いつでも飲むことができます。いずれの飲み方でも、サプリメントを飲んだ時から24時間効果が持続するので、毎日同じ時間に飲む習慣をつけることをお勧めします。

クリスタルトマト®スキンクラリティクリーム

スキンクラリティクリームは、色素沈着の問題を改善するために特別に配合されたスキンケア製品です。
スキンクラリティクリームは、皮膚細胞内の異なるメラニン生成経路を特異的に阻害する17種類の有効成分を配合しています。これらの成分のひとつであるチロシナーゼ阻害複合体は、メラニンを形成する重要な酵素を強力に阻害します。

スキンクラリティクリームには、強力な抗酸化作用のあるビタミンA、B3、C、Eとルメックスオクシデンタリスエキスも含まれています。

これらの成分が、顔のシミを薄くし、新たなメラニンの生成を抑制します。
ほとんどのシミ・くすみなどの解消目的用の抗色素沈着製品には、色素沈着を抑える有効成分が2、3種類しか含まれておらず、最近の研究では、このアプローチは効果的ではないことがわかっています。

スキンクラリティクリームは、色素沈着の4つの主な原因であるUVA・UVB、フリーラジカル、炎症、メラニン生成を抑えるように配合されています。

17種類の有効成分を配合し、メラニンの生成だけでなく、炎症、酸化ストレス、紫外線など、肌の色素沈着を悪化させるさまざまな要因に働きかけます。
いいえ、全く含まれていません。ハイドロキノン、ステロイド、レチンAなどは一切使用していませんし、今後使用することもありません。多くのシミ・くすみなどの解消用製品で使用されている刺激の強い美白剤は使用していません。そのため安全で侵襲性のない外用クリームであることも、他の製品と比較して大きな利点です。
2014年にシンガポールのナショナル・スキン・センターで、クリスタルトマト美白サプリメントとスキンクラリティクリームを組み合わせた二重盲検のプラセボ対照臨床試験が行われました。

この試験では、肝斑治療のゴールドスタンダードである「ハイドロキノン4%」「ステロイド」「レチンA」の3つの外用療法を受けたものの、期待したほどの改善が得られなかった肝斑患者の中から選ばれた44名が参加しました。

被験者には、わずか56日後に25%の改善が確認されました。この結果は、時間の経過とともにさらに顕著になり、84日後には50%以上の改善が見られました。

この結果は、査読付きの「Journal of Pigmentary Disorders」(米国)に掲載されました。
スキンクラリティクリームの使用を中止すると、肌は元の状態に戻ります。これには、クリームの保護機能がなくなり、肌への攻撃要因に対して脆弱になるためです。

肌は生きている器官です。ホルモンの問題、ストレス、環境汚染、薬などの一般的な肌の攻撃要因は、メラニン生成の引き金となり、肝斑やその他シミ・くすみなど色素沈着の問題につながります。

また、化粧品の効果は一時的なものであることも忘れてはいけません。永久的な作用を持つ製品は、安全ではない可能性が高いです。
いいえ。スキンクラリティクリームには、抗酸化作用、抗炎症作用、太陽の光に対するサンフィルター作用があり、日焼け時に肌を保護する働きがあります。
使用されている製品にある程度の日焼け止め効果がある場合でも、日焼け止めの使用は必須です。

日焼け止めは、スキンケアの最後のステップとしてご使用ください。日焼け止めの主な役割は、日焼けによるダメージから肌を守るためのバリアとして機能するので、日焼け止めを塗った後に、マッサージしたり、こすったりすることは避けてください。
スキンクラリティクリームには、マイルドな角質除去剤が含まれています。ごくまれに、使い始めの頃に軽く皮むけが起こることがあります。
  • 肝斑やほとんどの肌のシミ・くすみなどの色素沈着を解消します。
  • 肌の色を均一にします。
  • 新しい色素沈着の形成を抑制します。
  • 肌を若返らせるマイルドな角質除去剤を配合しています。
  • 抗酸化剤、UVA・UVBフィルター、抗炎症剤、保湿剤を配合しており、肌を保護します。
  • 肌に輝きを与えます。
  • 肌を乾燥させず、刺激を与えません。
  • 安全で肌に優しいため、毎日の使用に適しています。
スキンクラリティクリームは、より美しい肌を求める方であれば、どなたでもご利用いただけます。重度の肌の色素沈着や肝斑に効果があることは証明されていますが、美容目的で使用することに全く問題はありません。
はい。スキンクラリティクリームは、ニキビに悩む方の濃いニキビ跡を薄くし、肌ムラの改善に役立ちます。
スキンクラリティクリームは、レーザーやIPL治療で生じた色素沈着の軽減に役立ちます。
スキンクラリティクリームは、スペインのGMPおよびCE認証を取得した研究所で製造されています。
クリームの色は、配合されている天然成分によるものです。製造ロットによっては、若干の色の違いが起こり得ます。クリームの色=効果を示すものではありません。
酸が配合されている製品は、時間の経過とともに色が濃くなります。これは自然な変化です。色の変化が効果に影響を与えることはありません。
トリートメントクリームとしてのスキンクラリティクリームは、吸収率を高めるために、常にスキンケアの最初の製品として、清潔な素肌に塗ります。

お肌が特に乾燥している場合は、スキンクラリティクリームを塗る前に、軽いモイスチャライザーを塗ってください。

肝斑がひどい場合は、スキンクラリティクリームを顔全体に薄く伸ばします。その後、斑点部分に直接クリームを再度塗り込んでください。クリームの成分がしっかり吸収されるようにやさしくマッサージします。

小さなシミなどには、気になる部分だけにクリームを塗ります。
スキンクラリティクリームは、ほとんどのスキンケア製品との併用が可能です。酸や漂白剤を含むホワイトニング製品との併用は避けましょう。
スキンクラリティクリームは、マイルドで安全、お肌を傷つけません。通常、1日2回、朝の洗顔後と就寝前に使用します。また、1年を通して繰り返し使用することができます。
レーザー治療の直後に化粧品を使用することはお勧めできません。特に、レーザー治療によって擦り傷や裂傷ができた場合には絶対に使用しないでください。
朝はマイルドな泡の洗顔フォームをお勧めします。クリームの上にメイクアップや日焼け止めをしている場合を除き、洗顔前にメイクアップリムーバーを使用する必要はありません。
肝斑患者を対象とした臨床試験では、56日後に最大25%、84日後に最大50%以上の改善が見られました。臨床試験の結果は、皮膚科医によるVisia Skin Analysisとメグザメーター(Mexameter)の両方を用いて測定されました。

詳細については、「スキンクラリティクリームは肝斑に効果がありますか?医学的根拠はありますか?」の回答をご覧ください。
超敏感肌の方は、最初の使用後に軽いかゆみやチクチク感を感じることがあり、時には赤みが出ることもあります。これらの症状は一時的なものですが、症状が続く場合やアレルギー反応が出た場合は、使用を中止してください。
乾燥した気候の国にお住まいの方は、もし乾燥肌・敏感肌である場合、スキンクラリティクリームをご使用になる前に良質のモイスチャライザーをお使いになると、使い始めに起こるかゆみやヒリヒリした感覚がなくなります。
スキンクラリティクリームとクリスタルトマト美白サプリメントは、それぞれ単独で使用しても良い結果が得られます。

2014年に行われた臨床試験の結果、スキンクラリティクリームとクリスタルトマト美白サプリメントを併用することで、色素沈着を抑え、明るく均一な肌色を最適に実現できることがわかりました。

クリスタルトマト美白サプリメントを飲むことで、さらに全身の美白効果を得ることができます。
クリスタルトマト美白サプリメントには、クリスタルトマトから摂れる特別なカロテノイドパウダーは含まれていません。このパウダーは、経口サプリメントでのみ効果があり、肌に塗り込むことでは吸収されないため、外用しても全く効果がありません。
  • 高温多湿の場所を避け、室温で保管してください。
  • 18~23℃での保管が理想的です。
  • 直射日光を避けて保管してください。

クリスタルトマト®ビヨンドサンプロテクション

日焼け止めは、太陽からの紫外線(UV)、青色光(HEV)、赤外線(IR)による肌へのダメージを防ぐための製品です。
日焼け止めは、有害な青色光や紫外線、赤外線を吸収または反射します。これにより、日焼け、早期老化、色素沈着、皮膚がんのリスクから肌を守ります。
紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。 UVA(紫外線A波)はお肌の最も深い層である真皮の奥深くまで浸透します。 UVB(紫外線B波)はお肌の表層部に害を及ぼします。
UVAは、色素沈着、早期老化、光老化や皮膚のシワ、肝斑などの皮膚の損傷を引き起こします。 また、免疫力を低下させる原因にもなります。 UVBは、日焼けや皮膚がんのリスクの原因となります。
ブルーライトは、高エネルギー可視光(HEV)とも呼ばれ、380~500ナノメートルの短い波長で高いエネルギーを発生。色素沈着、炎症、光老化(肌のしわやたるみ)などの肌ダメージを引き起こし、酸化ストレスを誘発してお肌の表面を弱めることが科学的に証明されています。

また、ブルーライトは、UVAやUVBに比べて皮膚の奥深くまで浸透、さらにUVAよりも皮膚の色素沈着を誘発し、肝斑の主な原因になるという研究結果もあります。

ビヨンドサンプロテクションは、ブルーライトからの保護スコア評価が54.1%と非常に高いことが臨床的に証明されています(試験管内および生体内で)。
SPFとは、Sun Protection Factorの略で、日焼けの原因となる紫外線(UVB)から肌を守る効果を表しています。

例えば、何も保護しないで炎天下に10分いると日焼けする人の場合、SPF50の日焼け止めは素肌に比べて50倍の保護効果があるということになります。つまり、500分間してから日焼けし始めます。

ビヨンドサンプロテクションのスコア評価は、SPF79.7です。
PPD(Persistent Pigment Darkening)とは、UVAプロテクションを生体内で測定する方法です。UVAからの保護力を評価するのに非常に有効な方法で、日本やヨーロッパでは義務化されています。

Beyond Sun Protectionは、PPD17.2というスコア評価を示しました。 PPD10とはUVA光線を90%ブロックすることを意味し、非常に高い数値です。
PA(Protection Grade of UVA)とは、UVAからの保護性能を示す指標の一つです。現在UVA保護における最高ランクは、PA++++ 15以上です。

ビヨンドサンプロテクションはPPD17+以上のUVA保護を提供します。
ノンコメドジェニック、ノンアクネジェニックとは、毛穴を詰まらせず、ニキビを発生させず、既存のニキビを悪化させないことを意味します。
環境汚染物質は、フリーラジカルや酸化ストレスを誘発し、早期老化、ハイパー色素沈着、皮膚の炎症など、肌にダメージを与えることが科学的に証明されています。また、肝斑を悪化させます。
フリーラジカルは、紫外線が肌に触れることで発生し、抗酸化物質はフリーラジカルによってできたダメージに対応し、お肌を守ります。は、皮膚の炎症や損傷を引き起こし、早期老化やシワの原因、さらには深刻な皮膚のダメージにつながります。

抗酸化物質は、フリーラジカルによるダメージに効果的に対処することが臨床的に証明されており、フリーラジカルと安全に相互作用し中和することで、顔色を保護し、みずみずしく輝く肌を保ちます。
日焼け止めには、UVAとUVBに対して様々な程度の保護効果があります。しかし、日焼けの原因はUVAとUVBだけではありません。最近の科学的根拠によると、ブルーライト(HEV)もシミ・くすみなどの色素沈着、肝斑、早期皮膚老化の主な原因であることが明らかになっています。また、環境汚染も肌に大きな影響を与えることがわかっています。

優れた日焼け止めは、これらのUVA/B、HEV、環境汚染から十分かつ効果的にお肌を保護することができなければなりません。したがって、SPF、PPD、HEVの保護スコア評価が正しい日焼け止めを選ぶための最初の手がかりとなります。

次に、記載されている製品のスコア評価が臨床的に証明されていることを確認してください。また、日焼け止めには、抗汚染作用と抗酸化作用があり、ノンコメドジェニックであることが求められます。言うまでもなく、日焼け止めのテクスチャーも重要な要素となります。
物理的な日焼け止め(ミネラル日焼け止めとしても知られています)は、肌にバリアを作り、紫外線を遮断し肌に浸透するのを防ぎます。化学的な日焼け止めは、皮膚に浸透し、紫外線を吸収し熱に変え、皮膚から熱を放出します。

ビヨンドサンプロテクションは、物理的な日焼け止めと化学的な日焼け止め両方の長所を持ち、両方の方法で完全な保護を可能にします。
ビヨンドサンプロテクションは、顔用の日焼け止めで卓越した製品です。5年の歳月をかけて開発され、各国で数多くの調査研究、試験、配合テストが行われました。最終製品は、ブルーライト(HEV)に対して54.1%、UVAに対してPPD17.2、UVBに対してSPF79.7と、十分すぎるほどの保護力を保証しています。

ビヨンドサンプロテクションのプロテクションスコア評価は、すべて臨床的に導き出され、証明されています。また、有害な太陽光線から肌を守るだけでなく、汚染からの保護、抗酸化、赤外線からの保護、保湿、美白、ノンコメドジェニックなどの機能も備えています。これらは、いずれも主要機関の厳しい研究所でのテストや臨床試験報告によって完全に裏付けられています。

日焼けによる肌へのダメージを完全に防ぐ非常に高い保護機能を備えているにもかかわらず、このクリームはとても軽いつけ心地で、べたつかず、ドライなタッチを実現しています。これは、長年の絶え間ないテストの結果によるものです。
ビヨンドサンプロテクションに対しては以下の試験が行われています。試験管内および生体内でSPF 79.7、ブルーライト(HEV)54.1%、PPD17.2(PA++++)、汚染からの保護、赤外線防止、抗酸化、ノンコメドジェニック、ノンアクネジェニック、低刺激性、美白などの特性がテストされています。また、保湿力のテストも行われ、27日間の使用で32%の水分増加という結果が得られました。すべての主張は、科学的な証拠によって完全に裏付けられています。
ビヨンドサンプロテクションは、太陽光線の有害な影響から肌を完全に保護するだけでなく、環境汚染から肌を守ることも臨床的に証明されています。また、フリーラジカルと戦う抗酸化物質が含まれており、肌の保湿と美白をサポートします。
ビヨンドサンプロテクションは、認定医療美容クリニック、病院の薬局、医療機関が運営するオンラインショップなどで購入できます。
スキンケアの最後のステップとして、ファンデーションやメイクの前に塗ってください。
チューブからビヨンドサンプロテクションを約1.5~2cm絞り出してください。 これで顔と首を十分に覆うことができます。効果的な保護を得るためには、顔と首を完全に覆うように十分な量のクリームを塗ることをお勧めします。
泳いだり、汗をかいたり、顔を拭いたりした後は、必ず塗り直してください。炎天下では、2~3時間ごとに塗り直すことをお勧めします。
日焼け止めは、スキンケア製品の後、ファンデーションやメイクの前に塗ってください。日焼け止めを他のスキンケア製品や化粧品と混ぜて使用しないでください。
一般的に、6ヶ月以上の子供や乳児には日焼け止めを塗っても安全だと考えられています。生後6ヶ月未満の乳児には、日焼け止め製品を使用しないでください。
重度の湿疹や皮膚疾患がある場合は、ビヨンドサンプロテクションを使用する前に医師にご相談ください。また、日焼け止めに含まれる成分に敏感な場合も使用しないでください。
多量の水で洗い流せば心配ありません。
メイク落としを使用してください。その後、泡立てた洗顔料で洗ってください。
多少のしみになることがありますが、洗剤で洗えば簡単に落とせます。他の日焼け止めと同様に、一晩放置せず、すぐに洗濯してください。
ビヨンドサンプロテクションの使用期限は、製造日から3年間です。使用期限は、箱に記載されているほか、チューブ上部の圧着部分にも記載されています。